ドル

ドルに関しては、近い将来の利上げが予想されています。FRBのイエレン議長は、インフレ率と失業率を見極めながら決めると発言してきました。2015年中に間違いなく利上げが行われると予想されていますが、その時期については、年末になりそうな感じです。また、一回のみ0.25%になるように思います。イングランドも利上げの可能性が遠のきましたし、アメリカでもインフレの懸念はありません。他国では、利上げでなく利下げを行っており、連銀総裁等も出来るだけ利上げは遅らせるべきだと主張しています。


レバレッジをかけて少ない資金で投資

fsdf743 レバレッジは重たい物を少ない力で動かすテコの原理を応用したものです。国内ではレバレッジ規制で制限されているものの、個人口座で最大25倍までのレバレッジがかけられます。1万円の資金でも最大25万円の資金として投資が出来るのです。レバレッジをかけずに1%の利益を得られたとすると、レバレッジ25倍なら25%の利益です。現物株への投資で25%の利益を得ようとすると大変ですが、FXへの投資なら比較的短期間で狙えるのが良い点です。

しかし相場の予測が外れて取引に失敗してしまうと、レバレッジの倍率が高いほど損失も大きくなってしまいます。無くなっても良いくらいの証拠金でハイレバレッジをかけると言う方法もありますが、長く投資を行いたい時はあまり過度な倍率でレバレッジをかけないほうが良いです。FXでは基本的に投資家が裁量で取引します。新規注文も決済注文も手動で注文を出します。

FX業者にもよりますが注文方法は成行注文や指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、トレール注文など様々です。中々これらの注文方法を使いこなすのは難しいものがありますが、慣れてくると勝ちやすくなります。OCO注文では値上がり時の利益確定と値下がり時の損失確定の注文を同時に出すことが可能です。しかし相場の動きが速すぎると人の注文では追いつけないことが良くあります。

そんなときはシステムトレードを行うとプログラムが瞬時に売買してくれます。システムトレードを行うにはメタトレーダーというロシアの会社が開発した無料のトレーディングプラットフォームを利用することが多いです。メタトレーダーにはEAという売買プログラムを利用してシステムトレードが出来る機能が付いています。16年頃からバイナリートレード業者のハイローにて多くのトレーダーがMT4を使用しながら投資をしているトレポートされています。

EAは投資家の方がご自身でプログラミングして開発する、有料でEAを買ってくる、無料のEAをネットからダウンロードする、EA作成会社に作ってもらうなどで入手します。入手したEAはそのまますぐに運用が開始できますが、どんなEAでも利益を上げてくれるわけでは無いです。2015年あたりからバイナリートレードでもMT4を利用することが多くなってきています。

メタトレーダーにはいろいろなバージョンがありますが、バージョン4にはEAを過去の相場データでバックテストできる機能も付いています。運用する前に過去の相場でどんな実績を残したか、入手したEAを検証することが可能です。メタトレーダーによるシステムトレードはメタトレーダーに対応しているFX業者に口座を開設することが必要です。海外FX業者ばかりでしたが最近では国内FX業者でも対応しているところがあります。



老後の蓄え


老後の蓄えを少しでも増やそうと、5年前からFXに取り組んでいます。当初は、2週間から1か月間位のスウィングトレードを行っていたのですが、中々成績が上がらず、苛立つ日々が続いていました。そこで、RSIの4時間足、1時間足、15分足、5分足を駆使したデイトレードにトレードスタイルを変更しました。この戦略でも最初は中々成績を残すことはできなかったのですが、「ストップロス(損切り)注文」を必ず置くことで、安定して勝つことができるよになってきました。


おすすめインフォ

情報

サイトナビ